山形の補助金は早い者勝ち

Author: admin  |  Category: 山形県の補助金

よく太陽光発電の補助金などは、
太陽光発電を始めたい人にだけ関係するものだと誤解している方がいます。
山形でも太陽光発電の補助金が出ますが、
それは県民が納めた税金が投じられているのです。
決して太陽光発電システムには興味がないから、
自分には関係がないというわけではないのです。
国の太陽光発電の補助金もまた、
国民の税金が使われているのです。
それに、太陽光発電がこれほど普及した原動力が、
再生可能エネルギーの余剰電力買い取り制度にあったことは間違いありません。
この太陽光発電の余剰電力買い取り制度は、
太陽光発電をされている方にとってとても魅力的な制度です。
ところがその太陽光発電の余剰電力買い取り制度は、
太陽光発電促進付加金という負担とセットになっているのです。
太陽光発電促進付加金というのは、
太陽光発電の余剰電力を高値で買い取る分を、
電気を利用する利用者全員で負担しようというものです。
買取制度はこの付加金とセットになっているのです。
どちらをみても、
太陽光発電の始めていない人にとっては負担ばかりなのです。
同じ負担をするのなら、
自分が得したいと思うのは当然だと思います。
付加金のことをあまり知らない人が多いのですが、
もし知らずに太陽光発電はまだいいと考えているとしたら、
その人は知らずに損をしていることになります。
それに山形の太陽光発電の補助金は早い者勝ちです。
予算には限りがあるものですから、
予算が尽きるまでの早い者勝ちということになります。
山形の太陽光発電の補助金は、
1kW当たり30,000円で上限は100,000円、
補助予算額は240,000,000円になります。
補助金が上限に達した地方自治体が多いなか、
山形の補助金がなくなるのもそれほど遠いことではないでしょう。
山形で太陽光発電を始めるのなら、
早ければ早い方がいいということになります。
それならと慌てて決めたりせず、
複数の業者から見積もりを取りしっかり比較検討してからにしましょう。