再生可能エネルギー推進の理由

なぜ再生可能エネルギーが世界的に推進されているのか、その理由についてご説明いたします。

・化石燃料の残量
石油は約40年、天然ガスは約60年で枯渇すると言う試算が出されています。
世界的に石油や天然ガスなどといった化石燃料をエネルギー源として大量に使用してきたため、現在地球に蓄えられた燃料が使い切られてしまう可能性が高まっています。

・地球温暖化の進行
二酸化炭素を中心とした温室効果ガスなどの影響によって、地球の平均気温は100年の間に最大6度アップし、海面の水位は1m近く上昇が予測されています。
上昇することによって地域や生活面に深刻な問題が発生します。
問題のひとつとして、環境破壊や生活環境の急激な変化などが予想されています。
太陽の光や風力、水力などの再生可能エネルギーならば、これらの問題にまったく関係のない、クリーンで枯渇の心配がないエネルギーといえます。
中でも太陽光は膨大なエネルギーをもっていて、砂漠にソーラーパネルを敷き詰めれば、全人類のエネルギー需要量に匹敵する発電量が得られるといわれており、実際に砂漠にメガソーラー発電所を建設する計画に、日本を始めとした世界各国からの支援が寄せられています。
地球環境のことを優先的に考えるばかりではなく、京都議定書にサインをした国々の中でも、日本は最も多くの二酸化炭素排出削減を掲げている国です。
そのため、再生可能エネルギーを活用することで、二酸化炭素などの温室ガスを排出しなくて澄む可能性が高いといえます。
導入に際して様々な選択肢がありますが、安心して導入できるように率先して国から地域に至るまで補助金でサポートしてくれるので、通常よりも素早く快適に取り入れられるようにしておく仕組みがあることはとても利便性の高いものであるといえます。
太陽光を優先的に使う発電システムは、非常にクリーンであるばかりかほかの再生可能エネルギーと比較しても大変静音性に優れているため、大変効率よく快適に発電ができるからこそ、推進されているのだと考えられます。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>