太陽光発電導入で失敗しないために気を付けること

Author: admin  |  Category: 設置のメリット

太陽光発電は地球温暖化対策の切り札として、また原子力発電所再開のめどが立たない中で、電気代を節約しあわよくば余剰電気を売ってちょっとはお小遣いにしようと急速に普及が進んでいます。
ここでは太陽光発電導入で失敗しないために大切なことを書きます。
まず、一番大切なのは立地条件です。
設備を導入するのにあたって、ここが太陽の光が良く当たるかどうかを考える必要があります。
たとえば北向きで滅多に日が差さないとか、大きな木の陰になっているとか、高層ビルに囲まれているなどの立地であれば、導入は難しいわけです。
また雨が降り続く期間が長いとか、日ごろから霧に覆われていてお日様を見ることが稀という地域も導入が難しいです。
立地条件を考えることは大切です。
次に大切なことは、補助金が下りるかどうかです。
新規に設備を導入する場合地元自治体から補助金が出る場合があります。
年度末にはすでに募集が終了しています。
新しい年度になる4月から新しく募集を始めることがあるので、常に市報や市のホームページをチェックして、募集があればすぐ申し込めるようにしてください。
せっかくの補助金が下りるチャンスを見逃す手はありません。
さらに業者が良い品を寄りやすく入れてくれるかどうかも問題です。
工事費の相場は常に把握しておく。
必ず複数の業者から見積もりをとるなどして、工事費の安い業者を選びましょう。
業者の応対で誠実かどうかもわかりますのでアフターサービスのよい業者を決め手にしたらいいと思います。
しっかり情報収集して臨みましょう。